Skip to main content

GRC研究所 "ai リスクコンサルテーション" 

Welcome to our site of GRC Research Institute

English
Home
プロフィール
リスクマネジメント制度構築
リンク集
サイト マップ
お問い合わせ / Contact
 
GRC研究所
”ai リスクコンサルテーション”
 
☆不確実な時代の『リスクマネジメント』

不確実性の時代の今、『リスクマネジメントの目的』は変化しました。
避けられないリスクがあります。リスクの発現に備えて必要な準備を整え、
あえて『リスクを取る』ために、リスクマネジメントを行う必要があるのです。
 
 
☆『不確実な時代』をどう生き残るか?
 
低い成長の下でも、或いは現在言われている『低欲望社会』においても
画期的な商品、新しい概念、より好まれるサービスを提供している企業が
生まれてきているし、画期的な製品を出しつづける企業は景気の良しあしに
拘わらず業績を伸ばしています。
 
リスクをとり『新しい価値を創り出す』ことにより、生き残ることができるのです。
 
 
☆『危機管理』の備えはありますか?
 
また、企業や組織に問題や危機が訪れた時に、社会への対応を間違えると
組織の存続さえも失うリスクが生じます。
『危機の時に如何に誠実に対応できるか』が企業のレピュテーションを
高めます。

あなたの組織・会社のリスクマネジメントのファシリテータとして
『危機をチャンスに』変えるサポートをします。

 
Hideo Suzuki, PRM, QIA (筆者:クアラルンプールでの講演)
 
GRC『G=ガバナンス、R=リスクマネジメント、C=コンプライアンス』のアドバイザー
 
 

アドバイスの内容

 

<これからの組織運営に必須のGRC>

 

GRCとは、ガバナンス、リスクマネジメントそしてコンプライアンスのことです。

わが国の社会は、世界でも特異な「安心志向」型の社会です。

 

「安心志向社会」とは、消費者や生活者がモノの生産者やサービスの提供者に対して、科学的な安全性のみならず、感情的な安心までをも求める社会のことを示します。このような社会環境のもとでは、企業経営にともなうコンプライアンスは「単に法規を守ればよい」ものではなく、それを超えて社会の求めているところに応える必要があります。

 

また、昨今の情報化社会はSNSとスマホの出現で様変わりしました。ひとたび、SNSやその他インターネットに載った情報は、予想外の速度で拡散します。製品や、企業の高度王や評判、そして、スタッフの一挙手・一投足は、ネットを通じて社会の評価にさらされています。

 

これらのリスクに対応するためには、まず消費者の潜在意識に耳を傾け、社会の求めることを理解し、その変化を予測することが必要です。それこそが企業や組織のコンプライアンスやリスクマネジメントの基礎となります。


ai リスクコンサルテーションは、皆さまの組織や企業に必要なGRCの考え方や、取り巻く諸リスクの評価、リスクマネジメント体制の構築のアドバイスをします。

 

 

<広報・リスクコミュニケーションは万全ですか:>

企業や組織の活動には、まれに事故や災害に遭ったり、不祥事が起こってしまうこともあります。
「そのような時に、どう対応するか」は、企業や組織のレピュテーションに影響し、最悪のケースでは組織崩壊を招いてしまいます。外資系の製薬企業での11年間の『危機管理広報・リスクコミュニケーション』の経験から、広報コンサルタントそしてリスクマネジメント アドバイザーとして、あなたの組織や会社の『危機管理広報・リスク評価とリスクコミュニケーション』のサポートをします。

 

 

<内部統制対応は整備しましたか:>

我が国では、現在すべての上場会社に日本版SOX法(J-SOX法)への対応が義務付けられました。

 

2004年から2年間米国SOX法への対応プロジェクトのコーディネーターの経験、そして、J-SOX法関連図書の執筆・講演・実務アドバイスの経験から内部統制コンサルタントとして、あなたの会社の内部統制構築および評価のサポートをします。

 

<御社の戦略の基礎となる経済予測は出来ていますか:>

i今の不確実性の時代に生き抜く組織の戦略の策定には、組織や会社のドメインを含め経済環境を正しく認識し、その先行きを予測することが必要です。
長年の財務畑の経験から、世界と日本のマクロ経済予測のアドバイスをします。

 

 

<Outlines of Institute>

 

 

GRC Research Institute

"ai Risk Consultations" 
 
your advisor in the areas of
(1) economic forecasting,
(2) crisis communications, 
(3) risk management,
(4) internal controls, and
(5) compliance.

 

 Principal: Hideo Suzuki, PRM

 Profile

 


 

GRC研究所名・代表者: 
  
『ai リスクコンサルテーション』
 代表者:鈴木英夫
 

所在地 : 
 
兵庫県三田市富士が丘
 
 

電子メール アドレス :
 
ai-risk330@jttk.zaq.ne.jp
 
ご連絡は、「お問い合わせ」のページまたは、E-mailでどうぞ!